身近で見つけたユニークなWeb・アプリのUXライティング vol.2
見出し画像

身近で見つけたユニークなWeb・アプリのUXライティング vol.2

最近、気になったWebやアプリでのUXライティング事例についてご紹介します。

出前館

1109のコピー

THANK YOU
レビューを送信しました!

出前館(宅配デリバリーサービス)の店舗レビュー投稿後に表示される画面。よくあるメッセージですが、気持ち(=THANK YOU)と事実(=レビューを送信しました)の両方をきちんと伝えることで、「自分の意見がちゃんと届いている感」が強まりますね。

同じく出前館のPush通知がこちら。

画像5

今月からのあなたの会員ランクは・・!

「答えはCMのあと」的な、リンク先の結果発表へ誘う定番。出前館は、利用頻度に応じて会員ランクが決まり、特典の内容が変わるので、このPush通知で気になってタップしちゃいました。

まぐまぐ!

1100のコピー

登録完了まであと1歩!

まぐまぐ!(メルマガポータルサイト)の会員登録画面。こういう手続きって面倒なだけに、完了まで背中を押すメッセージは気が利いていますね。

NETFLIX

スクリーンショット 2020-10-19 20.54.15

イマイチ

ご存知NETFLIXの作品評価ボタンです。👍が「イイネ!」なのに対して、👎が「イマイチ」。対義語ではない。👎を「ツマラナイ!」とか「ダメ!」にせずに、すこしゆるい言い回しにしているのは、👎ボタンを押すハードルを下げる役割があるからかもしれません。

というのは、おそらく👍と👎のデータが、ユーザー個人への作品レコメンドをするための重要なデータになるからで。レコメンドの精度を上げるために、ちょっと押す気が引ける👎を押しやすい表現に工夫しているのではないかなと。

なんて憶測しましたが、単純に、「ヨクナイ!」作品なんてないという動画配信サービスとしてのスタンス、制作サイドへの配慮とも考えられます。

S Health

画像1

●●●歩
目標歩数の●●%を達成しました。

健康&フィットネス アプリ「S Health」のPush通知。パッと見ただけで、1日の運動量がわかる。達成までもうすこし歩こうかな、という気持ちが湧きます。

ちなみに、前回ピックアップした同サービスのPush通知がこちら。

画像2

こちらは具体的な歩数で、きょうの運動量を示してくれます。目標歩数を表示するのか、それとも目標達成率(%)を表示するのか。小さなちがいですが、すこし感じ方が変わります。

個人的には「目標歩数の●●%を達成しました」の方が歩くモチベーションをくれる印象です。もしかすると、達成が近いと●●%、まだ少ないと歩数を表示する仕様になっているのかもしれません。


以上、身近に見つけた、行動を促す、サービスをちょっと好きになるUXライティングまとめでした。また次回!

---

👉 つみきでは、ユーザーの愛着を生むデザインを一緒につくるディレクターとデザイナーを募集中です。以下よりお気軽にご応募ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!励みになります!
株式会社つみき(http://tsumikiinc.com/)/ライター・ディレクター、1984年2月出生。