見出し画像

NRC(NIKE+ RUN CLUB)のマイクロインタラクション

前回の記事ではアップル公式の水準器アプリのマイクロインタラクションをご紹介しました。

今回はNRC(NIKE+ RUN CLUB)についてマイクロインタラクション視点で紹介していきたいと思います。

NRCとは

あなたのパーソナルランニングパートナー
NIKE+ RUN CLUBアプリには、ランニング初心者から、
次のレースに向けてトレーニングを行なう競技ランナーに至るまで
様々なランナーをサポートする機能が充実。数百万人のランナーたちの
モチベーションとエキスパートからのガイダンスが、ゴールを目指すあなたをサポート。
公式サイトより

私の場合は体力作りの一貫で月間100キロほど使っています。
また、ランニング中はアップルウォッチ単体で走っていますのでそのあたりも含めてご紹介します。※スマホ単体で走って管理する方法もあります。

ランニング開始時のマイクロインタラクション

おおまかなセッティングをiPhoneで済ませ、走る時はアップルウォッチだけになります。基本は距離か時間を設定してスタートをします。

設定次第ですが、スタートを押してから9秒間はインターバルタイムとして猶予があります。9秒後に「ワークアウトを開始しています」という音声と共に計測が始まります。
アプリの特性上、画面をあまり見ないため音声でのフィードバックが非常に効果を発揮してきます。音声フィードバックは1kmごとに平均ペースを伝えてくれたりと、アプリの核となっています。
トリガーとしてスタートボタンのタップ。フィードバックとして計測タイム・距離がリアルタイムに変化していきます。それと合わせて音声でのフィードバックがあります。

ランニング後のマイクロインタラクション

ランニングが終わると計測結果(距離・時間・GPSデータなど)がiPhoneと自動的に同期されています。

ここではルートが描画されるアニメーションがあることで直感的にスタートからゴールまでのおおまかなルートを教えてくれます。
また、ルートの色味も変化しておりペースの乱れなどもチェックすることができます。さりげない演出ですがアプリの特性に合わせた意味のあるアニメーションとなっています。

詳細画面では上記のように、距離軸と時間軸を合わせて確認できます。
アニメーションの補完によりルート部分とペース部分がうまく同期しながら表示されています。
※こちらではペース部分をドラッグしており、ルート部分がそれに準じてアニメーションします。

まとめ

以上、NRC(NIKE+ RUN CLUB)アプリのマイクロインタラクションでした。紹介したこと以外にも、走るためのモチベーションを維持する工夫がたくさん詰まっている素敵なアプリです。ぜひお試しを。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
5

yousukeshimizu / TSUMIKI INC.

株式会社つみきで色々とやってます。https://dribbble.com/yousukeshimizu

TSUMIKI Designers

つみきのデザイナーの記事をまとめました。 UIデザイン、インタラクションデザインなどお気軽にご相談ください。 https://tsumikiinc.com/
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。