見出し画像

radikoのマイクロインタラクション

マイクロインタラクションの記事4回目となります。
今回はradiko.jpになります。

過去の記事はこちら。
アップル公式の水準器アプリのマイクロインタラクション
NRC(NIKE+ RUN CLUB)のマイクロインタラクション
ヤフオク! のマイクロインタラクション

radikoとは

スマートフォンやパソコン等でラジオが聴ける無料のサービスです。
1週間以内に放送された番組が聴けるタイムフリー聴取機能や、全国のラジオが聴き放題のラジコプレミアムも!

日付送りのインタラクション

機能の一つにタイムフリーという過去の番組を聴ける機能があります。
日付の前後の遷移はスワイプで遷移できます。

日付の区切りになると少し強めのスワイプが必要になり、体感として理解できるインタラクションです。
この操作感は色々な場面で活用できそうです。


機能の切り替えインタラクション

大きな機能の切り替えインタラクションです。
場面展開を大きめにすることと色分けをすることで伝えています。
インスタグラムのストーリーズでも似た動きをしています。


時間送りのインタラクション

スライダーを操作することで視聴する時間を選択できます。
ヤフオクの記事でも書きましたが、スライダーは指で隠れてしまうので少し上に情報を出すことでわかりやすくしています。


シェアする場所を選択できる

通常のシェアよりも細かい内容をシェアできます。スライダーだけだと細かい調整が難しい部分を5秒単位か60秒単位で調整することもできます。


気に入った曲をそのまま購入できる

ラジオで気になった曲の情報が時系列で確認することができます。購入への動線もあり、そのまま購入することもできます。


まとめ

以上、radiko.jpのマイクロインタラクションでした。
radikoをインストールしてからラジオとの関わり方が数年前とは変わってきました。何気ないマイクロインタラクションが使い続けるアプリになっているのだと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
2

yousukeshimizu / TSUMIKI INC.

株式会社つみきで色々とやってます。 https://dribbble.com/yousukeshimizu

マイクロインタラクションの観察

マイクロインタラクションをデザインする際のインプットとして色々なアプリの挙動を観察し、それらが及ぼす効果を考察します。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。