見出し画像

プロジェクト事例 - Gulliver AUTOアプリのUIデザイン

つみきは、中古車のセルフ査定&売却アプリ「Gulliver AUTO」のUIデザイン、ロゴデザインを担当しました。「Gulliver AUTO」ではクルマを撮影していくつかの質問に答えるだけで手軽にAIによる査定が行えます。このアプリがユーザーにとって、パーソナルなプロ査定士のような存在と感じられるように、「先進感」と「情緒性」を両立させたデザインを目指しました。https://gulliver-auto.com/

マイクロインタラクションで先進感と情緒性を演出

アプリ内では演出として様々なマイクロインタラクションが活用されています。査定画面では、AIによる査定の様子や査定結果がワクワク感のある演出で表示されます。

画像9

お知らせや読み込み中の際に査定エージェントのキャラクターが登場します。このキャラクターはアニメーションを伴って表情豊かに振る舞います。

画像9

初回起動時に表示されるオンボーディング画面では、イラストとアニメーションを用いて、査定までの手順と使用感をわかりやすく伝えます。

画像9

アプリの世界観を踏襲したロゴデザイン

アプリの世界観に合わせて、ロゴデザインも行いました。このロゴはアプリやランディングページの他、CM・グッズなど様々な形で展開されています。

画像4

----

画像9

画像9

画像9

画像7

画像8

クライアント担当者様からのコメント

ガリバーオートは、ガリバーの買取実績やノウハウを“AI”に融合したお車のセルフ査定&売却サービスとなります。査定=押しの強い営業というイメージから、もっとユーザーのペースでラクな査定体験を提供したいという想いを込めて作ったサービスです。そんな想いをしっかりと、つみきさんが受け止めてくださいました。曲線的な柔らかさの中にある“安心感“、やんわりとしながらも忠実に動く“輪”、透明性のある“色彩“、ちょっとほっこりする“AIナビゲーション“など、“人の温かみとAIの融合“となる世界を、見事に表現してくださいました。ご尽力いただきまして、誠にありがとうございました。

デザイン制作期間:2019年5月 - 8月

----

つみきでは、アプリ・Webサービスのデザイン・設計を行っています。「誰か」をデザインで心地よくさせたり、ワクワクさせたり、ドキドキさせたり、夢中にさせたい。そんなアウトプットを期待される方からのご相談をお待ちしています。










30
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。